忍者ブログ

韓流 レーベル作りの部屋

趣味で作った自作ラベルを公開しています☆

カテゴリー「レーベル作りキッチンの部屋」の記事一覧

よくある質問

「ナンバー入れ替え用小物」の使い方が分からないとの質問が多い様なので
こちらにリンク貼っておきます。
↓↓↓
「レーベル作りキッチンの部屋」
ディスクナンバーの入れ方の説明があるので、目を通してみて下さい。

レーベル作りキッチンの部屋

レーベル作りキッチンの部屋.png

素材をキッチンで料理してみましょう~

無料で使える高機能なフォトレタッチソフト「GIMP」を使えば
色んな加工ができちゃいます。
ちなみに私はPhotoshop愛用者なのでGIMPの説明には
あまり自信がありません


■ディスクナンバーの入れ方(GIMP)

■少し簡単なディスクナンバーの入れ方(GIMP)

GIMPを使ってのナンバー入れが難しい~って人には
こちらがおススメ
■ディスクナンバーの入れ方…初心者Ver


■境界をぼかす(Photoshop Elements)
「もっと簡単にぼかす」を追加しました。

■ブラシを使う(Photoshop Elements)

拍手[257回]

PR

ブラシを使う(Photoshop Elements)

「ブラシを使う」

Photoshop Elementsでブラシを使ってみます。
標準で、いくつかブラシが入ってますが、「Photoshop ブラシ」で検索すると
たくさん素敵なブラシがダウンロードできます。

今回は、Bubble Brush Set というブラシを使ってシャボン玉を入れてみます。
リンク先は海外サイトです。シャボン玉ブラシ画像の右横にある
"Download File"ボタンをクリックしてダウンロードできます。)

まずは、ダウンロードしてきたブラシファイル「Bubble_by_titoff77.abr」を
Photoshopに読み込ませます。

Photoshopブラシの追加方法
1. Photoshopを起動していたら終了させて下さい。
2. マイコンピュータ(Vistaはコンピュータ)からローカルディスクC:を開きます。
Program Files→Adobe→Photoshop Elements ○.○(バージョン)→Presets→Brushes
と開いていくと、ブラシファイル(.abr)が並んでいると思います。
その中にBubble_by_titoff77.abrも放り込んで下さい。
3. Photoshopを起動して下さい。


シャボン玉ブラシを入れていきます。
95eff211.jpg
左のツールボックスでブラシツールを選択します。
鉛筆ツールなどになっていたら、上の図のようにアイコンの上で右クリックして
ブラシツールに■のチェックが入るように選択して下さい。

b48bebc5.jpg
次に、ブラシの形が見やすいように上の図のように
オプションバーでサムネール(大)を表示にしておくと良いかも^^
ここは自分の好みに合わせて下さい。

08.JPG
オプションバーで、先ほどダウンロードしてきた
Bubble_by_titoff77.abrを選択します。

9cbfea21.jpg
ブラシのシャボン玉の大きさは、横のサイズで変更できます。

ba4bafa8.jpg
画面右のレイヤーパレットで新規レイヤーを作成します。
この新しく作ったレイヤーにブラシを入れていきます。

WS000000.JPG
ブラシの色は”描画色”で入ります。
ちなみに「クリスマスに雪は降るの?」で使ったシャボン玉ブラシは
描画色を”白”にして使用しました。
スタンプを押す感覚で、好きな場所で左クリックしていくだけで
シャボン玉が出来あがります^^
 
12.JPG
■■■■■■■■■■■■■■ 11.JPG
新しく作ったレイヤーへブラシを入れる事により
シャボン玉のみを回転させたり拡大縮小、
移動などの編集ができます。
人物と同じレイヤーへブラシを入れてしまうと
シャボン玉を回転させようとしても
人物まで一緒に回転してしまいます。
  左の図で背景が黒いのは
  シャボン玉ブラシが見えにくい為
  見やすいよう黒く塗り潰したレイヤーを
  一番下に置いています。


※GIMPも同様に、GIMP用ブラシがありますので、ダウンロードして使うことが出来ます。
GIMPのバージョンによっては、Photoshopのブラシをそのまま使うことも可能なようです。

 

拍手[62回]

境界をぼかす(Photoshop Elements)

「境界をぼかす」

Photoshop Elementsを使って境界をぼかしてみましょう。
私の持っているバージョンはPhotoshop Elements 5.0なので
このバージョンでの説明になります。
たぶん、どれも使い方は同じだと思いますが。。。

今回は、「クリスマスに雪は降るの?」のラベルで説明していきます~^^
※画像をクリックすると大きな画像で見られます

クリスマスに雪は降るの?.jpg

シャボン玉の中の人物画像を、ぼかしてます。


ぼかしたい画像を用意する。
cb9c7920.jpg
上の図では「クリスマスに・・・」の壁紙をPhotoshopで読み込んでいます。
レイヤーパレットの「背景」の上で右クリック
図の赤丸(背景からレイヤーへ・・・)を選択。
適当にレイヤーの名前を付けてOKボタン。
これを、やっておかないと切り抜いた部分が透過されません。

ぼかす範囲を選択する。
47713191.jpg
上図のように、「楕円形選択ツール」を選ぶ。

画像を楕円形で囲む。
d3bdc69c.jpg
※上図の★印(標準)の部分を (縦横比を固定)にする。もしくは、
Shiftキーを押しながらドラッグすると、正円形で選択できます。

円で囲ったら 右クリック→選択範囲を反転
そして、また右クリック→境界をぼかす

ぼかしを調整する。
7fc96a78.jpg
ぼかし具合を、ここで指定します。
例として「5」、「20」、「40」、と数字を入力した場合
下図のように、ぼかしの強弱に差が出ます。
目安としてお使いください。
8a4bcc50.jpg

選択した部分を、ぼかして切り抜きます。
ff7b2dc2.jpg
メニューの 編集カット
出来上がった ぼかし画像を、作成中のラベルの中に入れます。
WS000002.JPG
移動ツールをクリックして
マウスで作成中ラベルの中に放り込んでください。
あとは、お好みで拡大縮小、移動などさせて出来上がりです。

もう一人、同じ壁紙から切り抜きたい場合は
切り抜いた壁紙の方で、アンドゥ機能(編集→○○の取り消し)を使って
切り抜く前の状態まで戻りましょう。

Photoshopの使い方に慣れてきたら
カット以外に、コピーして貼り付けるなど。。。
自分のやり易いように使い分ければイイと思います


GIMPでも、メニューの 選択境界をぼかす で、同じことが出来ます。

***********************************
「もっと簡単にぼかす」

消しゴムツールを使えば好きな部分を
簡単にぼかす事ができます。

WS000001.JPG
上の図のように
左のツールボックスから
消しゴムツールを選択→モードはブラシに設定。
ブラシの種類はソフト円ブラシ

fea1d850.JPG
画像のぼかしたい部分を消してみましょう。
上の図はソフト円ブラシ100pixelで消しました。

b543d9ff.JPG

こちらは300pixelで消しました。

★★

拍手[158回]

ディスクナンバーの入れ方…初心者Ver

「ディスクナンバーの入れ方」 初心者Ver

「GIMP」の使い方が、いまいち分かりにくいので( ̄乂 ̄)ムリッ!
って方は、こちらのフリーソフトを使うと簡単ですよ~☆
「半透明貼付加工ツール+ナビ付」

このソフトの詳しい内容はVectorのソフトレビューで紹介されていますので
使ってみる前に、一度目を通してみるとイイかも。


※まずはVectorから「半透明貼付加工ツール+ナビ付」
をダウンロードしてPCにインストールして下さい。




インストールする前の注意事項
このフリーソフトは、紹介文にもあるようにオプトメディアとして配布されています。
オプトメディアとは、広告収益を開発費に充てる無料ソフトウェアです。)
インストールすると、株式会社オプトリンクスの開発した
広告配信プログラム[オプトサーブ(optserve)]も同時にインストールされます。
ウェブサイト閲覧時等に、アクトマッチ広告が表示されます。

ウィルスソフトによっては検知されたり、広告のウィンドウが
勝手に立ち上がったりと、あまりいい気分じゃないですよね~

ちなみに、うちではPC起動時に
"optserve 実行時エラー’-65535(ffff0001):オートメーションエラー"
というメッセージが表示されるようになりました~うざっすっっ!!

このメッセージが出ないようにスタートアップ項目から外すには
スタートファイル名を指定して実行msconfig と入力
"スタートアップ"タブを表示して「optserve.exe・・・」と言う項目のチェックを外す
「適用」「OK」で再起動。。。次回から表示はされない筈です。

なんだか気持ちワルイので"optserve"を削除したいって時は
「半透明貼付加工ツール+ナビ付」をアンインストールすると
"optserve"も仲良く一緒に削除されるようです。

コントロールパネルプログラムのアンインストールから
"半透明貼付[オプトメディア]"を単体で削除できるようですが
半透明貼付加工ツールも一緒に削除されちゃうんですよね。。。
この広告配信プログラム"optserve"が(´・д・`)ヤダ~って人は
とりあえず他のソフト(GIMPやPhotoshop)を使うことをおススメします。





おそらく、ココから下の使い方説明を見なくても
直感で使えるかもしれないです・・・
でも、念のために。。。説明下手ですけど~(≧w≦;)

ソフトを起動します。
すると、下図のような画面が出てくるので
通常半透明貼付 を選んで
項目を開始 をクリック。
17500f8f.jpg

クリックすると大きな画像で見れます。

起動すると下図のような画面が出てきます。
初期から、なにやらお花の画像が貼り付いてますが
気にせず 「全体読み込み」 ボタンをクリックして
ディスクナンバーの入れ替えをしたいラベル画像を読み込みます。
b6cdd636.jpg

クリックすると大きな画像で見れます。

 次にディスクナンバー画像を読み込みます。
チカチカと次にクリックするボタンが点滅してくれるので
かなり使いやすいソフトだと思います。
…相変わらず、お花画像が貼り付いたままですが
下図のように 「画像読込」 ボタンをクリックして
ディスクナンバー画像を読み込みます。

faea0fb2.jpg

クリックすると大きな画像で見れます。

ディスクナンバー画像を読み込むと
下図のように 「読み込んだ画像の一部を切り抜きますか?」
と出てくるので、「はい」 をクリック。
630d4a7e.jpg

クリックすると大きな画像で見れます。

切り抜かれる部分が明るく表示されます。
右横にあるメニューボタンはカーソルを上に持っていくと
説明が出てくるので分かりやすくて良いですよ。
6f3d7e35.jpg

クリックすると大きな画像で見れます。

切り抜きたいナンバーを選択します。
この作業が最初は、やりにくかったんですが、コツをつかむと簡単♪
では、例として Disc.9 を選択してみますね☆
まずは、マウスを左クリックしたまま
Disc.9 までドラッグ(移動)させます。(下図参照)
06_2.jpg

クリックすると大きな画像で見れます。

このままだと選択範囲が広すぎるので調整しましょう
明るくなってる部分の左上の角あたりから
マウスを Disc.9 までドラッグします。
すると、ぎゅっと選択範囲が狭くなり
キレイにDisc.9の部分だけが選択されましたね。
06_3.jpg

クリックすると大きな画像で見れます。

これでヨシっと思ったら
「切り抜き」ボタンをクリック。
06_4.jpg

クリックすると大きな画像で見れます。

ディスクナンバーの周囲がキレイに透過されて貼付けられました
でも・・・・デカ~~っ
(おそらくPhotoshopとかならピッタリサイズで貼り付けられるはず…)
「移動/拡縮」ボタンの上にカーソルを持っていくと
左ドラッグで位置の移動
右ドラッグで拡大率の変更
・・・・と説明が出ます。
これは説明通り、左クリックしたまま移動で、ナンバー画像の移動が出来て
右クリックしたまま微妙にマウスを動かすと拡大率を変更できちゃうのです。
8834c5fd.jpg 07_2.jpg

クリックすると大きな画像で見れます。

この「移動/拡縮」ボタンの横の文字をクリックすると
「粗」と「滑」の切り替えができるようになっています。

これは何かと言うと・・・
「粗」にすると移動が粗くなりますが、
複数書き込む時の位置決めが、やり易くなります。
「滑」にすると移動が滑らかになって位置が細かく決められますが、
位置合わせが微妙で、マウスでは位置を揃えるのが困難。
・・・と説明書に書いてありますが、「滑」にしておかないと
ピッタリの位置決めが出来なかったので、
ぜひ、「滑」で移動させることをおススメします。
07_3.jpg

クリックすると大きな画像で見れます。

右クリック(サイズ変更)で、どうにかサイズを調整でき
左クリック(移動)で、最後の仕上げ中~の図です。
07_4.JPG

クリックすると大きな画像で見れます。

で、で、出来た~ぁ
ナンバーがピッタリ重なった~♪
で、次は「回転」ボタンがチッカチッカしてるけど
今回は回転させなくてOKなので無視っ。
dbee2881.jpg

クリックすると大きな画像で見れます。

「書き込み」ボタンを押すと合成されて完成~
de45ff3c.jpg

クリックすると大きな画像で見れます。

あとは「全体保存」ボタンをクリックして
出来上がった画像を保存します。
d38690f5.jpg

クリックすると大きな画像で見れます。

下図のようにで画像の保存場所を設定。
でお好きなファイル名。
のファイルの種類は"JPEG形式"を選択。
保存ボタンで完了~
953bcada.jpg

クリックすると大きな画像で見れます。


ナンバー入れ替え完成したラベルです☆
038b5556.jpg

クリックすると大きな画像で見れます。


ここまで読んでくれて、ありがとう~o(*^ー^*)oお疲れ様でした!

★★

 

拍手[325回]

少し簡単なディスクナンバーの入れ方

少し簡単なディスクナンバーの入れ方


前回の説明に比べ、余分な作業を省略してるので
すこ~しだけ簡単かも。。。
説明の画像をクリックすると大きな画像で見やすくなります。

■GIMPのアンドゥ機能■
GIMP編集中に失敗した時には、最初からやり直す必要はありません。
メニューの編集→○○○を元に戻す(一番上にあります) で作業の取り消しが出来ます。
さらに 編集→○○○を元に戻す を押していくと、かなり前の作業まで戻れます。
「Ctrl」+「z」でも1つ前に戻ります。こちらの方が楽ちん♪

1.ラベル画像をキャンパス内に取り込む。
1.png

2.ラベル画像のキャンパスで 
ファイル→開く を選択。
f1500b1e.jpg

3.ディスクナンバー画像の場所を指定する。

09022fc5.jpg
でデスクトップやマイピクチャなどの親フォルダ指定。
でディスクナンバー画像のある場所までダブルクリックで開いていく。
面倒くさいと言う方は、デスクトップに、使用するディスクナンバー画像をコピーして置いて下さい。
そうするとデスクトップを選択するだけでにディスクナンバー画像が表示されます。

4.短形選択ツールで、貼り付けたいディスクナンバー画像を囲む。
ここで 編集→コピー を忘れずに。
97598de2.jpg

5.ラベル画像のキャンパスに戻り 編集→貼り付け を選択。
c8315a97.jpg

6.ディスクナンバー画像の移動。
貼り付けられたディスクナンバー画像の上に
マウスカーソルを持っていくと下の図のようにカーソルがプラスの矢印に変化します。
この状態の時に、左クリックしたまま好きな位置まで移動させてください。
7c449c08.jpg

7.位置が確定したら 拡大・縮小ツールで大きさを調整します。
(サイズ調整しなくてOKな場合は、ここの作業は不要です。)
3c3e7143.jpg

8.ディスクナンバー画像の上にマウスカーソルを持っていく。
すると下の図のようなカーソルに変化します。
この状態で左クリック!
07.JPG

9.縦横比の固定を設定する。
下の図のようなダイアログが表示されるので
赤丸部分のクサリ(?)をクリックして繋げた状態にして下さい。
これで拡大や縮小する時の、縦横比が固定されるので
画像が縦長~くなったり横広~くなったりしません。
5cdd286e.jpg

10.画像の拡大・縮小をする。
下の図の赤丸部分のような、四角い囲みにマウスカーソルを持って行き
左クリックしたまま動かして、ディスクナンバー画像のサイズを調整して下さい。
終わったら、ダイアログボックスの「拡大縮小」ボタンを押して確定して下さい。
986a6a08.jpg


11.画像を保存する。
サイズ調整が出来たら、ファイル→名前を付けて保存 を選択。
あとは前回の説明と同じで、JPEG形式、エクスポート、保存と進んでください。

GIMPも使っていくうちに、だんだんと慣れてくると思いますので
挫けずに、毎日使って練習しましょう^^

拍手[171回]

プロフィール

HN:
komomo
性別:
女性
自己紹介:
★AB型★みずがめ座
華流&韓流ドラマが
(*ノωノ)チュキでし☆
特に史劇は大好物です♡
ゲームも好き♪
ガーデニングも好き♪
漫画も好き♪
動物の飼育も好き♪
趣味が多くて大変~(。>∀<。)

カウンター

カテゴリー

最新コメント

[05/27 みっちゃん]
[05/23 you]
[08/16 k淳子]
[08/14 yumi]
[07/23 ラブ]
[07/23 ラブ]
[07/05 リンチャン]
[06/09 匿名さん]
[05/30 かなり]
[05/23 にしかわ]
[05/18 kazumi]
[04/10 Boo]
[04/10 Boo]
[04/05 匿名さん]
[03/14 アイママ]

お気に入り素材屋さん

「フリー素材*ヒバナ *  *」
フリー素材*ヒバナ *  *

「フリー素材屋さくらぽっぷ」
フリー素材*さくらぽっぷ

「可愛いフリー素材CANDIED」
可愛いフリー素材CANDIED

「気軽にデジタルスクラップブッキング」
気軽にデジタルスクラップブッキング

オンライン

現在のお部屋:人♪

ブログランキング

愛のポチ❤

Copyright ©  -- 韓流 レーベル作りの部屋 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by ★★ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]